更新日:2024.06.25

ネイルサロン開業でおすすめの企業5選をご紹介します!

ネイリストとして活躍する方法として、ネイルサロンへの就職やネイルサロンの開業などがあります。自分が理想とするネイルサロンで働いたり、収入アップを目標にしたりしているのなら、ネイルサロンを開業するのがおすすめです。


しかし、ネイルサロンの開業方法はさまざまであり、準備することも多いので


・開業するためになにから始めればいいの?
・ネイルサロン開業に必要な資格は?
・開業資金はどのくらいかかる?


といった疑問や課題が生まれると思います。


そこで当サイトでは、ネイルサロンを開業したい方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介しています。


支援実績やサポート内容など、こだわりで選ぶおすすめのネイルサロンの開業支援会社や、ネイルサロンを開業するうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して、実際に開業支援会社にサポートしてもらった方の口コミや評判についてもまとめてご紹介しています。ぜひ参考にしながら、自分らしく働ける夢のネイルサロンを始めましょう。

どういうサイトなの?動画で解説!
ネイルサロンを開業したい!
ネイリストとして将来が不安。

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/
引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
おすすめポイント・開業資金0円!
・最大80%バックの高歩合制
・休みは自由!
・関西エリアでの実績が豊富
・ホットペッパー掲載料を負担してもらえる
・高収入が期待できる
・報酬の割合が高い
・自由な勤務体系
・開業支援サービスの老舗
・集客実績が豊富
・しっかりとしたノウハウがある
・北海道エリアの地域特化型
・充実したノウハウ
・集客、採用、スタッフ育成までトータルサポート
・フランチャイズ本部がサポート
初期費用0円~0円~0円~0円~300万円~

※助成金や補助金のサポートあり
解約金契約満了時の解約金の支払いなし記載なし記載なし記載なし記載なし
契約年数2年間記載なし記載なし記載なし記載なし
住所東京都渋谷区恵比寿西2-3-9大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト18階東京都世田谷区大蔵6-8-18北海道札幌市中央区南3条西3丁目8-1 エテルノビル2F大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目18番7号
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめのネイルサロン開業企業5選!

株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

株式会社ewalu

おすすめポイント

ポイント1 自己資金0円で独立開業可能
ポイント2 最大80%バックの高額歩合
ポイント3 充実したサポート体制

開業資金0円でスタートできる!赤字のリスクもなく高額歩合で手取りUP!

株式会社ewaluでは、開業に必要な機材を用意してもらえるので、資金は0円でスタートすることができます。開業方法は美容室内などの一角での開業のため、固定家賃がかからず、赤字のリスクがないのも安心できるポイントです。

売上歩合60~80%の高歩合制度が導入されているので、給与の大幅アップも見込めるでしょう。また、休みも自由に設定でき、半休や連休もOKとなっていますので、仕事とプライベートを両立できます。

また、2名以上のご応募でマンション開業も可能です◎
物件契約にかかる初期費用や設備費等も全て会社で負担してもらえるため、リスクなく開業にチャレンジできます。

満足度95%の充実したサポート体制

独立開業を目指す人たちを徹底的にサポートするため、開業満足度は95%!

開業後の売上UPや集客にかんするサポートを徹底的にしてくれます。そのため、しっかりと売上をたてられるスタッフが多く、最高月収はなんと92万円!平均月収は46万円となっています。

美容業界で広告業やコンサル業に長年携わってきたスタッフによる、集客方法のアドバイスや売上分析の面談、メンタル面でのサポートも受けることができるため、独立が初めての方でも安心してスタートすることができます。

福利厚生も充実

安心して長く健康で働いてほしいという思いから、福利厚生も充実させています。提携メーカーさんによる材料費の割引や、全国300箇所以上のスポーツジムが月に数回無料で通えるなど、働きやすさにこだわっています。

また、独立メンバー同士の交流会、BBQ、勉強会など様々なイベントも定期的に開催され、仲間同士の交流の場もあるので、横のつながりも大切にしています。

口コミ・評判

(K.Kさん)
独立をしても人と関わってお仕事がしたいと思っていたため、ewaluの働き方を知り、私に合っているかも。とエントリーしたところ面接の方のお話しの内容、企業理念などに共感し、この会社とお仕事がしたいと感じたことが理由です。 色々働き方を探したりもしましたが、シェアサロンは空間が狭く孤独や閉鎖的な雰囲気が苦手だったり、競合他社と比較もしましたが、人柄の良さや会社の雰囲気に「この会社は信用できる」と直感もありました。 私の夢でもある、女性を輝かせたい、世の中のママに夢を諦めてほしくない!という想いを伝える一歩になるとも思えたことです。
引用元: https://ewalu-co.jp/
(Y.Kさん)
顧客0からのスタートだったので心配もありましたが、色々な初期サポートでスムーズに始められましたし、集客の相談や接客のレクチャーもしていただき、リピーターに繋げることができたから今安定してやっていけてると思います。 おかげさまで開業も今年で4年目を迎えられます。 前職では、業務外のお仕事や教育、給与に反映されない部分の仕事も多かったのですが、今はそういったストレスもありません。 収入面も、前職に比べて倍以上に安定しています。 自分の時間を大切に過ごせることで仕事もプライベートもより楽しくなりました。 自分のお店に来てくれるお客様との距離はすごく近くなったし、私しかいないお店だからこそ私に会いに来てくれる。 私のいる開業スペースは、半個室だからこそ深い話ができて、より親密度がUPしたと思います。 私もお客様も、お互いが大切で離れられない存在です。 一生の財産です。心から、接客が楽しいと思います!
引用元: https://ewalu-co.jp/

基本情報

会社名株式会社ewalu
住所東京都渋谷区恵比寿西2-3-9
特徴最大80%バックの高額歩合
ライフサポート株式会社
引用元:https://www.seemydesign.com/

ライフサポート株式会社

おすすめポイント

ポイント1 実績が豊富
ポイント2 ホットペッパー掲載料を負担してもらえる
ポイント3 高収入が期待できる

200店舗以上の実績を持っている!集客のプロがサポートしてくれる!

ライフサポート株式会社は、今まで200件以上の独立支援を行っており、実績の豊富さが大きな魅力となっています。

集客のためのホットペッパービューティー年間掲載料も全額負担してもらえるため、集客にかかる費用も抑えられることでしょう。さらに、集客のプロがサポートしてくれるので、集客についてはかなり安心できます。

口コミ・評判

お客様を連れて近くのマンションを借りてマンションサロンをオープンしました! (匿名)
自分の働き方を改革したくてプチ独立をしました。まず通勤は自転車通勤圏内にしたおかげで、朝の電車のイライラもなくなりストレスフリーに!シフトも自分で決めることができるので、家族と過ごすことも考え日曜休み。初めは美容室でのスタートでしたが、1年後に近くのマンションを借りて営業を開始しました。 同じエリア内での移転だったので失客はほぼなく、より自由度の高い働き方ができるようになりました。サロン勤務時代よりも大きく手取りが増え、自分の好きなペースで働けて毎日が楽しいです。
自分らしく働きたいけど独立するのが不安な私の背中を押してくれました。笑 (匿名)
自分で美容室に出向いて、直接交渉しようと思っていたときに、このサイトを見つけました。サイトの内容を拝見していると好条件すぎて少し不安でしたが、思い切って連絡を取ってみました。 すると、すぐにラインで連絡が来て、気付いたときには独立していました。右も左も分からないままでしたが、経営のプロがついているというものすごい安心感がありました! 働き方も、たくさん働きたい、余裕を持って自分のペースで働きたいなど、自分で決めれるところもとても良かったです!自分らしく働きたいという方、独立したいけど不安という方、背中を押してくれるのでとってもおススメです!

基本情報

会社名ライフサポート株式会社
住所大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト18階
特徴関西エリアでの支援実績が豊富

おすすめポイント

ポイント1 報酬の割合が高い
ポイント2 自由な勤務体系
ポイント3 開業支援サービスの老舗

月の売上の60%~80%が報酬になる!勤務体系を柔軟に設定できる!

ネイルアットマイサロン(株式会社オフリール)は15年間でノウハウが蓄積されており、250店舗以上の開業実績を持っています。広告費は半額負担してもらうことができるので、広告費を抑えつつ集客をしっかり確保可能です。

チラシや名刺作成といったことから、面倒なお金の流れについても任せられます。

口コミ・評判

無題 (M)
リアルにゼロからのスタートだったので、新しく来て頂いたお客様がリピーター様になっていってくれていることに喜びを感じてます。また、ネイリストとしての仕事に集中できるので、無駄なストレスは本当になくなりました! 仕事以外の時間も本当に増えたので、自炊をする機会も増えて健康的な生活を送れるようになりました。久しぶりに新しいことを勉強してみようかな、という気持ちが芽生えてきました!
無題 (匿名)
独立支援のシステムは本当に素晴らしいサービスだと思います。美容室に併設できることや、同じ境遇のネイリストさん達と交流が持てること、1人ではできないこと、わからないことも色々サポートして頂けること。 そのような環境を提供して頂けたからこそ、この2年間のサロンワークで、本当に大事な財産となる経験を沢山させてもらい、私自身も成長できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

基本情報

会社名株式会社オフリール
住所東京都世田谷区大蔵6-8-18
特徴開業支援サービスの老舗
ネイルサロンエーナイン
引用元:https://a-nine.jp/opening/

ネイルサロンエーナイン

おすすめポイント

ポイント1 集客実績が豊富
ポイント2 しっかりとしたノウハウがある
ポイント3 サイトから手軽にエントリー可能

月間集客2万人の実績とノウハウがあるから安心!サイトから簡単エントリー!

ネイルサロンエーナインには40店舗展開、月間集客2万人の実績があります。そうした実績を積み重ねる中で培われたノウハウによって、安心のサポートが受けられるのです。

稼いだ売上の60~70%が自分の報酬となるため、収入アップを重視する場合にも最適です。開業後の商材も安価で提供してもらえます。

基本情報

会社名株式会社P・S・Q
住所北海道札幌市中央区南3条西3丁目8-1 エテルノビル2F
特徴北海道エリアの地域特化型
ANNE(株式会社フォーサイス)
引用元:https://anne.salon/fc/

ANNE(株式会社フォーサイス)

おすすめポイント

ポイント1 充実したノウハウ
ポイント2 集客、採用、スタッフ育成までトータルサポート
ポイント3 ネイルスクールを随時開催

たった1年で全国45店舗まで規模を拡大!ノウハウが充実している!

ANNE(株式会社フォーサイス)はサロン業界大手のフォーサイスが母体となっています。信頼度という点においては圧倒的だといえるでしょう。

業界の有名雑誌などへの掲載歴も多数存在し、メディア経由での集客にも期待できます。定期的にネイルスクールを開催しており、最新の技術やデザインを随時取り入れていけるのも独自の点です。

基本情報

会社名株式会社フォーサイス
住所大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目18番7号
特徴フランチャイズ本部がサポート
PR

ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは

ネイルサロンを開業したい、更に収入アップを目指したい

ネイリストとして夢のサロン開業をしたい方や現職のネイリストとして収入などで、悩んでいるネイリストは多く、一歩踏み出せていない方も多いでしょう。ewaluでは自己資金0円で開業できるから、開業への不安が少ないです。また、月の売り上げの60%~80%が収入になりますので給与の大幅アップが見込めるのも魅力です。サポート体制も充実しています。写真撮影、加工やSNSブランディング /集客媒体の広告戦略はもちろん、ホームページなど全力でサポートしてくれます。そして他社は契約終了後に顧客を引き継ぐ場合は違約金を払う必要があることもあるが、ewaluは一切ないのもポイントです。そんなewaluを詳しく紹介します。

理想のネイルサロンを開業しよう! ewalu詳細情報はこちら

ネイルサロンを開業するなら気になることは何?WEBアンケートで調査!

ネイルサロンを開業する際には、さまざまな不安があるでしょう。今回は「ネイルサロンを開業するなら気になることは何ですか?」についてアンケート調査を行いました。さっそく詳しくみていきましょう。

「アンケート」の画像

第1位は「ネイルサロン経営に必要な知識やスキル」で18%でした。ネイルサロンを開業したいという人のなかには、ネイルサロンを経営するためのノウハウがなかったり経営の知識の有無に不安を感じたりする方も多いようです。

ネイルサロン開業をサポートしてくれるサービスのなかには、経営のノウハウを教えてくれる会社もあります。ネイルサロンに必要な知識の基礎からサロン自体の経営のノウハウまでサポートを依頼すると安心ですね。

第2位は「集客方法」で16%でした。ネイルサロンを開業したとしても、顧客数が増えないことにはうまく経営していけないでしょう。サロンの広告用撮影、SNSのブランディングなども必要です。

第3位は「開業資金の調達方法」で15%です。ネイルサロンの開業にはおよそ200万円が必要といわれています。しかし、サロン開業資金が0円で始められるサービスもあるので、資金だけで開業を諦める必要はありません。

アンケート結果は以上になります。このようにネイルサロンを開業したいがさまざまなことが気になるという場合には、そもそも独立した方がいいのか悩んでいる方も多いかもしれません。次の見出しでは、ネイルサロンの開業について詳しく解説します。

ネイルサロンを開業した時の年収の相場は?

自宅で開業した場合の年収は?

自宅をネイルサロンとして開業した場合の年収を試算すると以下のようになります。1回の施術約8,000円として一日2〜3人を施術し20日稼動した場合、売上は32〜48万円となります。そこから経費を引いた分でおよその年収は、約300〜500万円です。

自宅での開業は新たな家賃がかからず、内装工事費も抑えられ低資金で始められます。自宅なのでテナントを借りて開業するよりも、初期費用や経費を抑えられるのが魅力です。

自宅のネイルサロンは、立地場所によって認知されにくい点がありますので、固定客をしっかりつけることが収入安定のポイントになります。

自宅以外で開業した場合の年収は?

自宅以外ではマンションの一室やテナントを借りて開業する方法があります。自宅よりも家賃や光熱費が別途かかるので、売上から差し引く経費も高くなる傾向です。

約4割が経費となることを念頭に置きましょう。とくにマンションの場合は、自宅での開業と同じ考えで計算してしまうと、年収は下がってしまうので注意が必要です。

また、経費が大きくなるうえ、不安定な収入なためしっかりと固定客が付くまでは経営戦略が重要になってきます。駅近など便利な立地場所の選択や、自宅サロンよりも客数を増やす工夫なども考慮し、安定的な収入を確保していきましょう。

一方でテナントの場合は、他の開業方法に比べると一番コストがかかってきます。しかし、一人の自宅開業よりも従業員を雇ったり、席数を増やしたりできますので収入も大きくなります。

オーナーと従業員の2人で運営と仮定し年収を試算すると、1回の施術が約8,000円で一日の客数6人を施術し、20日稼動した場合の売上は約96万円です。そこから経費と人件費(1人約20万円)を引くとおよそ年収約800万円です。

経費や人件費がかかるテナントでの開業ですが、リピーター獲得や集客活動に投資することで大きく収入を伸ばせる年収モデルになります。

ネイルサロンの開業後も年収を上げるコツは?

ネイルサロンの年収を開業方法別に紹介しましたが、年収の相場の幅も大きく、一概には言えません。開業を目標にするのではなく、その後も継続できる計画が大切です。

しっかりとした安定的な収入を得て年収をつくっていくには、集客が重要になります。固定客やリピーターを獲得していくと、経費を上回る安定的な経営につながるでしょう。

主な集客方法としては、SNS集客、口コミ紹介、利用客へのクーポン配布、ホームページの作成などがあります。また費用はかかりますが、美容関係のポータルサイトを活用することで効率を上げることもできます。

現在はネットでの集客が主流になり、予算を抑えられる方法がありますので上手く活用していきましょう。

ネイルサロン開業すると収入アップ!雇用との差など解説

「ネイルサロン開業すると収入アップ!雇用との差など解説」の画像

ネイリストとして働く方法として、大きく分けて「ネイルサロンへの就職」と「ネイルサロンの開業」があります。ここでは、それぞれの働き方や収入の差などをご紹介するので、すでにネイリストとして働いている方もぜひ参考にしてみてください。

ネイルサロンを開業する場合

ネイルサロンを開業した場合、店舗の内装やイメージなどを自分で決めることができるため、理想の場所で働けるという魅力があります。また営業時間や休日などの設定もオーナーである自分が自由に決められるので、働きやすいでしょう。

給与面では、売上のすべてを自分の収入にできるわけではなく、売上から必要経費を差し引いた分が自分の給与です。仮に家賃が10万円のネイルサロンを経営し、光熱費や材料費、宣伝広告費などの経費が合わせて30万円程度かかるとします。

顧客単価が9,000円~1万円で、顧客数が月間100人ほどと仮定すると、90万円~100万円が売上となり、経費を差し引いた60万円~70万円が利益となり、スタッフを雇わず1人で働く場合は、このすべてが自分の収入になるでしょう。

スタッフを雇う場合はその分顧客数を増やすこともできますが、スタッフ分の人件費がかかるので、その分を差し引いた金額が自分の収入ということになります。

雇用の場合

ネイルサロンに雇用されて働く場合、安定した給与を受け取れるかわりに働く時間や休日などのシフトはある程度サロン側に決められてしまうので、自由に働くことはできません。ネイルのデザインなどにも縛りが出てくることもあるので、自分のデザインにこだわりたいという方にはあまり向いていないでしょう。

給与面では毎月固定の給与が支払われ、ボーナスの支給があるネイルサロンもあります。また有給休暇などの待遇が用意されていることもあるでしょう。しかし、顧客数がどんなに増えても自分の収入に直接反映される可能性は低く、実力や顧客対応数と給与が見合わないと感じてしまうことも少なくありません。

どちらがいい?

このようにネイリストとして働く方法として、ネイルサロンへの雇用とネイルサロンの開業の2つをご紹介しましたが、どちらにもメリットやデメリットはあります。そのうえで、自分らしい働き方をしたい方や自分のこだわりをお店に反映させたい方、給与をアップしたい方にはネイルサロンの開業がおすすめです。

もちろん開業にはさまざまな準備が必要であり、さらに顧客を獲得できなければ経営がうまく行かなくなってしまうこともあります。だからこそ開業支援をしてくれる会社に相談して、しっかりと準備やリスクヘッジなどをしていくことが大切です。



ネイルサロン開業には資格がなくても大丈夫?持ってると有利な資格も紹介!

「ネイルサロン開業には資格がなくても大丈夫?持ってると有利な資格も紹介!」の画像

これからネイルサロンを開業する場合、なにか特別な資格は必要なのでしょうか?ここではネイルサロン経営の際に知っておきたい資格について、詳しくご紹介していきます。

資格がなくてもネイルサロンを開業できる!

じつはネイルサロンを開業させるために、特別な資格は必要ありません。ネイリスト自体も必ず資格を持っていなければなれない職業ではなく、ネイルの技術やセンスを磨き、顧客から支持されるネイリストになることができれば、資格がなくても第一線で活躍することができます。

ただしネイリストになるためにも、ネイルサロンを開業させるためにも、できれば取得しておいたほうがいい資格はいくつかあります。なぜなら、資格を持っていることで「正しいネイルへの知識や技術を持っている」と証明することができ、顧客からの信頼を得やすいからです。では、その資格にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

JNAジェルネイル技能検定

JNA(日本ネイリスト協会)ジェルネイル技能検定は、ジェルを使用したネイル技術に焦点を当てた試験です。技術のレベルに応じて初級、中級、上級に分かれており、上級ではジェルネイリストのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の習得が求められます。

そのため、ネイルサロン開業を目指す場合は上級の資格を取得しておくのがおすすめです。JNAの検定は業界内での信頼性が高く、資格取得者にとってキャリアアップや仕事の機会拡大につながることもあります。

JNAネイルサロン衛生管理士

JNAネイルサロン衛生管理士は、ネイルサロンにおける衛生管理に関する専門的な知識を持っていることを証明するための資格です。資格取得にはJNAが提供する指定の講習を受講し、その後の試験に合格する必要があります。この講習では、衛生管理に関する基本的な知識や、器具や設備の適切な管理、感染症予防などについて学べるでしょう。

ネイルサロンは経営者やスタッフが、店舗や使用する道具を適宜清掃、消毒などをしながら衛生面で顧客に安心感を与える必要があります。正しい知識を持って衛生管理を行うためにも、サロン経営をする方は取得しておきたい資格です。

JNECネイリスト技能検定

JNEC(日本ネイリスト検定試験センター)ネイリスト技能検定は、ネイリストやネイルサロンの技術向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。1級を最高級として、2級、3級と段階に分かれており、ネイルケア・ネイルアート・リペアなどの、ネイルに関する知識や技術を習得しているかどうかを証明する資格となっています。

サロンワークに従事することを目的としている場合は2級以上の取得、サロン経営を目指している方は1級を取得しておくといいでしょう。


                   

ネイルサロンを開業する際の形態とは?それぞれの特徴をわかりやすく解説!

「ネイルサロンを開業する際の形態とは?それぞれの特徴をわかりやすく解説!」の画像

ネイルサロンを開業するにあたり、どのような形態のお店を持つのかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは「間借りサロン」「自宅サロン」「テナントサロン」の3つの形態それぞれの特徴や、メリット・デメリットなどについてご紹介します。

間借りサロン

間借りサロンとは、美容室やエステサロンのスペースを間借りして開業する方法です。スペースを借りる店舗の顧客がそのまま見込み客となり、お店の立地や集客力がよければ、ネイルサロンにも安定した集客や利益が期待できるというメリットがあります。

場合によっては、借りているスペースのお店のホームページに掲載してもらうこともでき、単独で宣伝活動を行うよりも効率的に集客できる可能性もあるでしょう。さらに美容室やエステサロンは、内装やインテリアも整えられているため、最低限の道具を準備するだけで営業をスタートできることから、初期費用をかなり抑えられるというメリットもあります。

ただし、スペースを借りているお店のオーナーの意向に従わなければならず、店舗の条件に合わせる必要があるので、自宅サロンなどに比べると自由度が低いということは理解しておきましょう。使用できるスペースが狭いなどの問題も発生する可能性はありますが、顧客獲得という点ではかなり条件が良いので、間借りサロンは初めて自分でサロンを開業する方におすすめです。

自宅サロン

自宅サロンは名前の通り、自宅の一部をサロンにして開業する方法です。テナントやマンションなどを借りる必要もなく、また電話回線やネット回線なども自宅にあるものを利用できるので、初期費用が抑えられるというメリットがあります。

自宅なので自由度が高いのも魅力ですが、トイレや洗面所などは家族と共用になってしまうので、家族が不便さを感じたり、顧客に生活感を感じさせてしまったりするデメリットもあります。また自宅サロンは顧客にとって敷居の高さを感じやすいため、すでに顧客を抱えている方でないと経営がうまくいかない可能性も高いです。

テナントサロン

テナントサロンは、商業ビルなどに店舗スペースを借りて開業するサロンのことです。立地やテナント自体の集客力がよければ新規顧客を獲得できる可能性が高く、人通りが多い場所なら目に留まりやすいので、オープンするだけでも宣伝効果があります。

ただしテナントを借りるためには多くの費用がかかり、基本的にはスケルトン物件として借りるので、改装工事が必須となります。また退去時にも、スケルトンの状態で返却することが条件のテナントも多いので、その際にも費用がかかることを忘れてはなりません。


ネイルサロンを開業するときの資金はどのくらい必要?

「ネイルサロンを開業するときの資金はどのくらい必要?」の画像

ネイルサロンを開業するためには、少なからず初期費用として資金を用意する必要がありますが、実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは間借りサロン、自宅サロン、テナントで開業をさせた場合、それぞれの必要な資金についてご紹介します。

間借りの場合

間借りサロンを開業する際の初期費用は、下記のようになっています。

・スペース使用料:3万円~10万円前後
・家具や照明器具:約10万円~30万円
・ネイルの施術に必要な備品:約20万円~30万円
・広告宣伝費:約5万円~10万円

スペースの使用料は月額固定の場合もあれば、売上によって変動するパターンもあります。テナントのような物件取得費用はないので、より低額で始められるのが間借りサロンの魅力です。

自宅の場合

自宅サロンを開業する際の初期費用は、下記のようになっています。

・内装費用:約5万円~100万円
・看板設置費用:約20万円~40万円
・家具や照明器具:約10万円~30万円
・ネイルの施術に必要な備品:約20万円~30万円
・広告宣伝費:約5万円~10万円

自宅サロンの場合は、テナントを借りるときのような敷金、礼金、賃貸費用は不要なので、負担を大きく減らすことができます。ただし内装にこだわる場合などは、内装の費用が大きくなるので、余裕を持った資金調達が必須です。

テナントの場合

テナントで開業する場合の初期費用は、下記のようになっています。

・物件取得費用:約100万円~500万円
・改装費用:約200万円~1,000万円
・家具や照明器具:約10万円~30万円
・ネイルの施術に必要な備品:約20万円~30万円
・広告宣伝費:約5万円~50万円

テナントでの開業は、借りる場所の家賃によって大きく上下します。居抜き物件であれば、内装費などを大幅に抑えることが可能です。

他にも備品など

ネイル用品などの備品以外にも、ネイリスト用のスツールなどの設備、消耗品であるネイル用品のストックなども準備しておく必要があります。さらに事務用品やネット回線がない場合は、回線の工事費、会計管理をするためのパソコンやタブレットなどの費用もかかるので、余裕を持って資金を準備しておく必要があるでしょう。

このように、ネイルサロンを開業するためにはさまざまな費用がかかりますが、サロンの開業支援をしている会社に依頼することで、開業資金0円でスタートできるケースもあります。施術に必要な機器の準備もすべておまかせできる会社もあるので、そのような会社を利用すれば、資金の不安を感じることなく開業することができるでしょう。


ネイルサロンを開業する際の助成金は?

ネイルサロンの開業で申請ができる助成金には、国や自治体が定めるものが数種類あります。開業時は主に、地域を管轄する自治体の助成金を検討することになるでしょう。

自宅開業など低資金で始められるネイルサロンですが、初期費用も決して安いものではありません。助成金を上手く活用することで金銭面でも開業によいスタートをきられるメリットがあります。

政府の働き方改革によって、女性の起業を応援するような助成金が増えていますので、自治体のホームページを確認してみましょう。また、よく似た給付金に補助金もありますが、異なる制度になりますので、助成金と混同しないよう注意が必要です。

助成金の特徴は

助成金は、日本在住で国や自治体の要件をみたせば支給される給付金です。助成金には返済義務がないのがほとんどで、条件を満たせば受給されやすいのが特徴です。

補助金に比べて長期的に募集がされていますが、自治体や地域団体によっても申請方法が一律でないことに注意しておきましょう。

助成金の代表的なものには、東京都の「創業助成金」や「若手・女性リーダー応援プログラム女性事業」というものがあります。

「若手・女性リーダー応援プログラム女性事業」は、都内の商店街を活性化させるために開業してくれた方を対象に支援する助成金となっています。女性であれば年齢制限がなく、助成限度額が844万円となる制度です。

各助成金の上限額も異なり、補助金に比べて低くなります。しかし、助成金の活用は資金面でも役立つだけでなく、国や自治体からの信用の証明になるのもメリットです。

また、助成金の申請期間は決まっていますが、前期や後期に分かれていたり、次年度も継続して実施されたりするケースがあります。サイト上で確認する情報だけでなく、各自治体に確認することをおすすめします。

助成金の注意点

助成金は要件をみたせばもらえる給付金ですが、なかには厳しい条件もあり必ず誰もがもらえるわけではありません。難しい専門用語や書類作成に手間がかかるため、苦手な人は自治体窓口や専門家を活用してみましょう。

また助成金という名が付く制度が複数ありますが、ネイルサロン開業時を対象か、既存事業のオーナーを対象かで大きく分かれます。これから開業しようとしている人は申請できない助成金もあることを念頭におきましょう。

開業時の対象ではない助成金の例として、従業員の雇用に対する「キャリアアップ助成金」「人材開発支援助成金」があります。制度内容が従業員のスキルアップや退職金の導入などになり、開業時を支援するものではありません。

また助成金は、基本的に後払いになります。支給されるまで数か月〜1年ほど期間が開いてしまいます。開業時は自己資金で運営していかないといけませんので、助成金を頼りに開業することだけは避けましょう。

ネイルサロンの開業に必要なもの

ネイルサロンを開業するにあたって、必要なものは多岐にわたります。大きく分けると、施術するための道具類と経営に関わるものです。必要なものは、開業方法やサロンのメニューをどこまで提供するかによって異なります。

主に道具関係でいうと、ネイル用品、施術用の家具類、デスクライト、道具の収納ケース、会計時の現金収納ケース、消毒用品です。ネイルサロンの施術は長い時間を要しますので、顧客がリラックスできる工夫や自分の腰にも負担がかからない椅子を選ぶと、顧客満足や施術効率につながります。

施術するうえでもこだわるべき部分が、机と顧客が座る椅子です。とくに机は、大きさや材質などで迷うのではないでしょうか。

ポイントは、高すぎず低すぎないもので勉強机ぐらいの横幅のある机を選びましょう。また施術で薬剤がこぼれたときに、変色しない素材選びも重要です。ネイルサロン専門のショップもありますので、利用することも検討してみてください。

ネイル用品に関しては、ネットで安く買えますが、事業としていくのであればプロ向けのものを買うことをおすすめします。自分の開業に必要なものを把握するうえで、チェックリストを作成することも役立ちます。

自分の予算や目的に合わせて必要なものは変わってきますので、どんな雰囲気のサロンを目指すかを念頭に選んでいきましょう。

経営に必要なもの

施術関係で見ると道具類ばかりを考えがちですが、経営していくうえでも機器類も必要なものになります。たとえば、会計のためのPOSレジやカード決済機器、予約管理のソフト、DMやチラシなどの集客作業ではパソコンやプリンターが必要になります。

予算がある方は、顧客の視点で考えると必要になってくるものも気にかけてみましょう。フットマッサージ機やWi-Fiルーターなどの顧客満足につながるサービスは、固定客獲得のきっかけになります。

とくに施術の間のサービスとしてドリンクを出したいと思う方は、ウォーターサーバーを置くこともおすすめです。清潔な水で、すぐに温水と冷水を出せ、バリエーションの多いドリンクの提供ができます。

書類関係で必要なもの

ネイルサロンを開業するために書類として必要なものは開業届です。保健所に関してはマッサージやまつ毛エクステの場合、登録が必要になりますが、ネイルサロンは不要です。

しかし、厚生労働省から衛生管理における指針が示されているため、ネイルサロン開業者として内容を把握しておくことも大切です。

また開業届を申請したほうが経費として控除を受けられるメリットがあります。その場合、個人事業主として青色申告になり、最大65万円の特別控除や赤字を最大3年間の繰り越せるのが特徴です。

ネイルサロンを開業した時の失敗するポイントと成功するパターン

「ネイルサロンを開業した時の失敗するポイントと成功するパターン」の画像

ネイルサロンの開業は無資格でも可能であり、年齢や性別に関係なくチャレンジできる魅力があります。もちろん多くの方が成功して活躍している世界でもありますが、その一方で開業に失敗してしまう方も少なくありません。

ここでは、開業に失敗してしまうポイントや成功するパターンをご紹介するので、開業を考えている方はぜひチェックしてみてください。

失敗例1信頼性のある会社選びができていない、契約内容や違約金があるか確認しよう。

開業資金を十分に用意できない方や開業についての知識がない方は、開業支援の会社にサポートを依頼することもあるでしょう。その際に信頼性のある会社選びができておらず、自分の求める経営やサポートの内容にマッチしていないことが、開業失敗に繋がってしまうケースがあります。

開業支援の会社を選ぶ際には、契約内容や違約金の有無などをしっかりと確認し、自分にとって大きな不利益が生まれる可能性がない会社に依頼しましょう。とくに、サポート内容や支払う金額についてはトラブルになる可能性が高い部分でもあるので、不明な点があれば事前に解消しておくことが大切です。

失敗例2コンセプトが明確になっていない

ネイルサロンは未経験者でも開業できるため、副業として始める方も多いですが、コンセプトがあいまいなままスタートしてしまうことが失敗に繋がることもあります。コンセプトが明確になっていないと、多くのネイルサロンがある中で、自分のネイルサロンを選んでもらえる可能性が低くなってしまうからです。

成功するためには、独自のサービスや雰囲気、価値観など、ほかのネイルサロンでは体験できない独自性を持つことや、ターゲット層を考慮し、その層が求める要素や価値を提供することが大切です。また店の雰囲気やサービスなどが一貫していると、信頼感にも繋がり、顧客獲得をしやすくなるでしょう。

失敗例3お金の管理ができていない

経営をするのなら、必須となるのがお金の管理ですが、その基本ができていないことで経営難に陥ってしまうケースもあります。経費がいくらかかり、売上がいくらで、収益がどの程度見込めるのかなどをしっかりと把握しないと、気づかない間に赤字経営になっている可能性もあるのです。

またお金という観点でいうと、価格設定への感覚をつかめない場合にも、経営がうまくいかないことがあります。価格は安くすればするほど集客しやすいと考える方もいますが、単なる安売りになってしまい、経営を苦しくしてしまうことも。狙いたい顧客層や自分が提供したいサービスに合わせて、自信を持って価格を設定することも大切です。

失敗例4集客ができていない

ネイルサロンは、オープンすれば勝手に集客があると思っているのなら大きな勘違いです。SNSやホームページ、ポスティング、クーポンサイトなど、さまざまな方法で集客をしなければ、新規の顧客を獲得することは難しいといえます。

どれだけ技術やサービスに力を入れていても、それを知ってもらうきっかけがなければ顧客はやって来ません。集客の知識も経営の大切なポイントとなるので、どのような発信をすれば集客ができるのかもしっかりと学んでおく必要があるでしょう。

成功例1しっかりとしたコンセプト設計をする

失敗例でもご紹介したように、長く安定した経営を行っていくためには、サロンのコンセプト設計をしっかりと行うことが大切です。そのためには、まず自分がどのようなネイルサロンをオープンさせたいのか、どのような顧客に来てほしいのかなどを考える必要があります。

自分の理想がイメージできると、内装やサービスなどを決めることができ、ターゲット層が決まればサロンの立地や価格設定なども明確になってきます。なんとなくオープンさせて失敗しないよう、しっかりとコンセプト設計を行ったうえで、自分の理想のサロンを開業させましょう。

成功例2顧客満足度を高める

せっかく来てくれた顧客を逃さないようにするためには、顧客満足度を高めるためのサービスや接客が必須となります。ネイルサロンを訪れる方の気持ちになって、どのような内装や設備があれば喜ばれるのか、どのようなサービスがあれば満足してもらえるのかを考えてみましょう。

たとえば店舗の内装や家具などは統一感や清潔感があり、非日常を体験できる方が嬉しいと感じる顧客は多いです。また、静かに過ごしたい方とそうでない方で接客方法を変えるなど、顧客ごとに適した接客を行うのも満足度に繋がるでしょう。

成功例3ホームページやSNSの活用をする

ネイルサロンで顧客獲得をするためには、広く多くの方に知ってもらうことがなによりも大切です。そのためには、ホームページやSNSを上手に活用し、ターゲット層の目に入る機会を増やす必要があるでしょう。

とくに最近では、SNSでの発信が集客に大きく影響することも多いので、SNSの活用方法やホームページへの誘導方法を抑えておくと、成功に繋がりやすいといえます。成功しているサロンのSNSやホームページなどを見て学んだり、マーケティングの知識全般を付けたりしておくことも大切です。


ネイルサロンを開業する流れをわかりやすく解説!

「ネイルサロンを開業する流れをわかりやすく解説!」の画像

ネイルサロンを開業するためには、さまざまな準備が必要です。ここでは、開業する流れとともに必要な準備についてご紹介していきます。

オープン日を決めよう

開業を決めたら最初にしなければならないのが、オープン日の決定です。オープン日を決めないと、店舗探しや工事を行う日程、スタッフを募集するタイミングなどが決まらず、スムーズに進まない可能性があります。

個人のサロンであれば3か月程度でオープンすることができますが、求人や工事の必要がある場合は、半年以上を目安に考えるといいでしょう。

物件を決めよう

オープン日が決まったら、物件を決めるステップに移ります。物件を決めないと具体的な準備ができないので、立地や条件にこだわりがあるのなら、早めに不動産会社に相談しておくことが大切です。

居抜き物件の場合はある程度既存の設備を使えますが、スケルトンの場合は内装工事に多くの時間がかかるため、余裕を持って決めておきましょう。

電話・インターネットの開通

物件が決まったら、水道や電気、電話、インターネットの開通の手続きも行います。とくに電話やインターネットで工事が必要な場合は、すぐに工事の予約が取れないケースも多いので、早めに対応しておきましょう。

求人

スタッフを雇って開業する予定であれば、求人募集も早めにスタートする必要があります。求人を出してもすぐに応募がないことも考えられるので、物件が決まり次第募集できるよう、事前に募集サイトなどに相談しておくといいでしょう。

設備の搬入

内装工事が完了したら、設備の搬入を行います。店舗のコンセプトを決めたうえで、設置する家具や照明器具の選定や、設置を行っていきます。とくに顧客が利用するイスはリラックスができ、長時間座っていても疲れにくいものを選びましょう

ホームページ・SNSの開設

店舗の準備が整ってきたら、ホームページやSNSを開設します。このときに明確なオープン日や地図、得意なネイルデザイン、店舗の雰囲気がわかる写真などがあると、興味を持ってもらえる可能性が高いです。

このほかにも、施術メニューや季節のおすすめメニューなど、目に留まりやすいコンテンツを発信すると多くの方にアピールできます。

オープン準備

店舗や宣伝などの準備がすべて完了したら、オープン準備に入ります。顧客が見るためのカラー見本を準備したり、施術がスムーズにできるかどうかを確かめるためのプレオープンを行ったりしながら、安心して初日を迎えられるようにしましょう。


自分の夢!たくさんの人に愛されるネイルサロンを開業しよう。

ネイリストをしている方のなかには、いつか自分のサロンを持ちたいという夢に向かって頑張っている方もたくさんいるでしょう。そんな方の夢を叶えるサポートをしてくれるのが、ネイルサロンの開業支援会社です。

自分ひとりでは準備や資金面で不安がある方も、ぜひ開業支援会社に相談して、多くの方に愛されるネイルサロンを始めましょう。

ネイルサロンの独立開業は簡単ではありません。しかし準備をすれば、その夢を実現することは可能です。

開業する立地選びや資金の計画など、開業前には様々な準備が必要です。そのサポートをしてくれるのが、ネイルサロンの開業支援会社です。

夢の実現を手厚くサポートしてくれる会社選びが重要です。
ここまで様々な企業を紹介してきましたが、そんな中でも
高収入を叶えるだけでなく、充実したサポートを受けられるおすすめ企業がこちら!

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

よくある質問

  • ネイルサロンを開業するために
    必要な資格は何ですか?
  • ネイルサロンを開業するために法的に必要な資格はありませんが、ネイリスト技能検定やJNA認定ネイリストの資格を持つと信頼性が増します。
  • 開業資金は
    どのくらい必要ですか?
  • 開業資金は、店舗の規模、内装、使用する材料によりますが、一般的には数百万円が必要とされています。 サポート企業によっては開業資金0円のところもあります。
  • 店舗の立地は
    どのように選べばいいですか?
  • 顧客の利便性を考え、駅近や商業施設内など人通りの多い場所を選ぶと良いでしょう。
  • ネイルサロンの
    集客方法は何がありますか?
  • SNSを活用した情報発信や、口コミ、リピーター向けの特典などが効果的です。
  • ネイルサロンの開業に向けて
    準備すべきことは何ですか?
  • 一般的にビジネスプランの作成、開業資金の調達、店舗の選定、内装工事、材料の購入などが必要です。 現在はこれらすべてをサポートしてくれる企業も多く存在するので、活用することをおすすめします。

【その他】ネイルサロン開業に
おすすめの企業

  • ルシェノン
    会社名株式会社ルシェノン
    住所〒2240032神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央13番16号クレール1番館201
    電話番号045-900-8350
  • ネイル フェリーチェ
    会社名フェリーチェ
    住所東京都江戸川区瑞江2-5-20 第3ポーエルビル301
    電話番号03-6231-8033
  • トリプルエス
    会社名株式会社トリプルエス
    住所〒150-0045 東京都渋谷区神泉町 10 ー 15
  • サンミーゴ
    会社名サンミーゴ
    住所大阪府吹田市江坂町1-23-35-2F
  • salome
    会社名サロミー株式会社
    住所〒154-0001東京都世田谷区池尻3丁目20番1号
    電話番号050-5474-5701
  • NICO+
    会社名株式会社 ネイリストアカデミー
    住所〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町378-5
    電話番号086-697-6675

【ジャンル別】ネイルサロン開業に
おすすめの企業

  • 資金0で開業したい!ネイリストが独立するときにおすすめの会社3選

    「自分のサロンを持ちたい」ネイリストの多くは、一度はそう考えます。しかし、独立開業には多額のお金がかかるものです。経営や税金の知識もつけなくてはいけません。なかなか独立に一歩踏み出せない人は、独立支援…

  • アイリストで独立するなら?おすすめの会社3選!

    近年、ネイリストとともにアイリストの仕事が女性から人気を集めています。アイリストとして働く人の中には、独立を考えている人もいるでしょう。しかし、独立開業には不安も多く伴います。今回はアイリストの独立支…

ネイルサロン開業の関連コラム

  • ネイルサロンを開業するには?開業までの流れや必要な準備を解説

    ネイリストのなかには、独立して自分のネイルサロンを開きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。比較的開業しやすい業種ではありますが、いざお店を開くとなると何から準備すればいいのか戸惑ってしまうこともあるでしょう。 …

  • ネイルサロンの開業に利用できる助成金や補助金はある?開業時に知っておきたいこと

    ネイルサロンの開業でも、利用できる補助金・助成金はあります。これらの制度を利用すれば、初期費用が抑えられます。 しかし、どのような制度があるのかわからない方も多いでしょう。利用できる補助金・助成金を知っておくと心に余裕も…

  • マツエクサロンを独立開業!アイリストに必要な資格・開業資金・集客方法!

    仕事をするにあたり、美容業で働く場合はどのようなものがあるでしょうか。美容室、エステサロンなどのほかに近年は、ネイルサロン、マツエクサロンなども人気があります。今回は、マツエクサロンをオープンしたいと思った時に必要な資格…

  • ネイルサロンを開業する時に必要な初期費用はどれくらい?

    今回は、ネイルサロンを開業する時に必要な初期費用はどれくらいかかるのか、紹介したいと思います。ネイルサロンは、資格を必要としないため、自宅や賃貸マンションで比較的簡単に開業できる職業でもあります。本記事で、ネイルサロンを…

  • ネイルサロン開業に必要な準備とは?

    今回は、ネイルサロン開業に必要な準備について紹介したいと思います。ネイルサロン開業は、他業種と比較してみると一貫ハードルが低く感じるでしょう。ただ、始めるのは簡単であっても、ライバルが多い業種でもあります。本記事では、ネ…

  • シェアサロンで独立できる?リスクを抑えて美容ビジネスを始めよう!

    美容師、アイリスト、ネイリスト、エステティシャンなど美容に関わる職業はたくさんありますが、いつかは独立したいという夢をもっている方も多いのではないでしょうか。しかし利便性のよい場所で物件を借りたり買ったりするのには費用が…

  • ネイルサロン開業で失敗する原因4つ!廃業率と成功のコツを紹介

    ネイルサロンの開業は多くの人にとって魅力的な選択ですが、成功への道は決して容易ではありません。そこでこの記事では、ネイルサロンの廃業率、失敗する原因、そして成功へのコツについて深掘りします。今回紹介する内容を参考にしなが…

  • ネイルサロン開業に必要な資格と経営を成功させるためにやるべきこと

    ネイルサロンを開業する際には、専門的な知識と技術が必要です。また、経営を成功させるためには、資格取得だけでなく、ビジネス戦略や顧客管理など、多岐にわたるスキルが求められます。この記事では、ネイルサロン開業に必要な資格、成…

  • 開業予定の方必見!イチからはじめる「自宅マツエクサロン」

    アイリストとしてのスキルを活かし、独立を目指す方々にとって、自宅でのマツエクサロンの設立は魅力的な選択肢です。近年、アイリストの方々は、お客さんにプライベート空間でくつろいでいただきながら、高品質な施術を提供できる自宅サ…

  • ネイルにも利用できるシェアサロンって?メリット・デメリットを紹介

    働き方が多様化する中で、開業資金が必要な方、低コストで働きたい方に対しシェアサロンの需要は高まっています。本記事では、ネイルにも利用できるシェアサロンそして、メリット・デメリットや選び方を紹介します。ネイルにも利用できる…

  • ネイルサロン開業に必要なものリストまとめ

    爪を自分好みのデザインにして、おしゃれを楽しめるネイルは人気が高めっており、起業を考えている方も多いです。比較的簡単に独立が可能なネイルサロンを開業するときには、いったい何からスタートすればよいのでしょう。この記事では、…

  • 自宅ネイルサロンの収入はどのくらい?

    自宅ネイルサロンであれば、休みや時間を自由に決められるため、働く自由度が高くなり働きやすくなります。しかしその一方で、開業資金が気になっている方もいるでしょう。本記事では、自宅ネイルサロンの収入はどのくらいなのかご紹介し…

  • ネイルサロン経営者の年収はどれくらい?

    ネイルは若い女性を中心に人気であり、コロナ禍の際には売上げが落ち込んでいましたが、近年は再び盛り上がりを見せている業界となっています。今回は、そんなネイルサロン経営者の年収や経営を成功に導いていくためのポイントなどを詳し…

  • 自宅ネイルサロンの始め方とは?開業に役立つ知識・コツ

    ネイリストは、女性が憧れる職業といわれており人気です。近年は、自宅でネイルサロンを開業して、経営をスタートさせている方も多くなっています。今回は、そんな自宅ネイルサロンの開業を検討している方のために、始め方や開業に役立つ…

  • ネイルサロンをフランチャイズで開業するメリットデメリットを紹介!

    フランチャイズでネイルサロンを開業する選択は、ビジネスの世界で関心を集めています。開業には利点もありますが、潜在的な課題や留意すべき点も存在するため、注意が必要です。この記事では、ネイルサロンをフランチャイズで開業すると…

  • ネイルサロンの開業資金はどのくらい?

    ネイルサロンを開業するのが夢という方も多いでしょう。しかし、開業にはまとまった資金の準備が不可欠です。ネイルサロンに限らず、独立開業後の成功には、適切な資金計画が欠かせません。では、具体的にどのくらいの資金が必要なのでし…

  • アイリストが独立後に失敗してしまう理由とは

    アイリストとして開業するのは、夢のひとつです。開業を視野に入れて美容師免許を取得したひともいるのではないでしょうか。しかし、独立後に失敗をしてしまう人もいます。どのような特徴を持った人が失敗しやすいのか、成功するためのポ…

【PR】ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは