ネイルサロン開業に必要な準備とは?

公開日:2024/04/15
ネイルサロン開業に必要な準備とは?

今回は、ネイルサロン開業に必要な準備について紹介したいと思います。ネイルサロン開業は、他業種と比較してみると一貫ハードルが低く感じるでしょう。ただ、始めるのは簡単であっても、ライバルが多い業種でもあります。本記事では、ネイルサロン開業に必要な準備について紹介します。

ネイルサロン開業のおもなパターンは2つ

ネイルサロン開業に関して、主に2つのパターンがあることをご存じでしょうか。まず、自宅で行う自宅型と、店舗で行う店舗型があります。2つはどのような点で異なるのか詳しく解説します。

自宅型のネイルサロン

自宅型ネイルサロンは、自宅の一角をサロンとして経営する形式になります。自宅がネイルサロンとなり、賃料や敷金礼金などが掛からないため、安く気軽に始められやすいでしょう。また、子どもが小さい方や、プライベートの時間を大切にしたい方は、自宅ネイルサロンがおすすめです。

ただ、自宅ネイルサロンの場合、駅に近い場所や人通りが多い場所など立地を選ぶことができません。また、家族がいる場合は、開業する前に家族間でしっかりと話し合ってから開業しましょう。

店舗型

店舗型は、テナントに入ったり間借りしたりして開業する形式です。店舗型にするメリットは、人通りが多い場所を選べる点や立地条件を選べる点です。ターゲットを絞って場所を選ぶことができ、比較的人の目に触れられやすいため、集客がスムーズにできます。また、自分好みの内装ができ、看板も堂々と立てられるでしょう。

ただ、内装工事や賃料などが発生するため、あらかじめ開業資金をためておく必要があります。また、毎月掛かる光熱費や家賃も見積もる必要があるでしょう。

開業までに必要な準備は?

ネイルサロンは、美容室と比較して開業のハードルが低いといえます。ただ、開業するにあたり設備やネイルセットなど必要なものをそろえておく必要があります。開業までに必要な準備についてみていきましょう。

お店のコンセプトやターゲットを決めておく

まずは、どのような層の顧客をターゲットにするか、それに沿って事業計画を行いましょう。基本的に、ネイルサロンは美容室と比べ、メニューの幅が狭い業種でもあります。

ネイルサロンに求められることは、スピード感やデザイン性です。コンセプトやターゲットが決まれば、顧客のニーズに合わせて内装やインテリアが決められます。

物件探し

ネイルサロンを始めるにあたり、物件探しが大切になります。物件探しでは、人通りの多い場所や駅から近い場所のほうが集客しやすいといえます。また、都心部であれば駅から近い場所であれば利用客が増えますが、駐車場が確保できているかも大切です。

そして、ターゲットが絞れていれば、ターゲットが多い立地を探すのも集客への近道になります。

設備や機材・備品の準備

ネイルサロンに必要な設備や機材として、ネイルテーブル、ネイルチェア、照明器具、ネイルチップディスプレイ、待合いで必要となる家具です。また、フットメニューを取り入れるのであれば、フットバスやフットレストが必要となります。

施術中にネイリストや顧客に負担が掛からないよう、テーブルやチェアに関しては慎重に選びましょう。

資金の準備は慎重かつ確実に!

ネイルサロン開業にあたり、テナントを借りる場合はまとまった資金が必要になります。資金の準備は慎重かつ確実に行うことで、末永くネイルサロンを続けられるでしょう。どのようにして、資金を準備するべきか紹介します。

ネイルサロン開業に必要な費用

テナントを借りる場合、物件の費用と内装工事費用が必要となります。敷金・礼金は家賃のおよそ6か月分の費用が必要です、そのほか、保証金・仲介手数料前払い家賃が1か月分それぞれ掛かるため、物件取得費用に対し10か月分掛かることも珍しくないでしょう。

また、さらに内装費が掛かり、少なくても1坪20万円程度工事に掛かるのが一般的です。ほかにも、設備費や消耗品・広告費が掛かります。

ネイルサロン開業に関する資金調達とは

自己資金でネイルサロンを開業する方もいますが、自己資金が足りない方もいるでしょう。こうした方は、融資や助成金をうまく活用して開業資金の調達を行います。ネイルサロンの開業にあたり、自己資金が不足している方は、政府系金融機関である日本政策金融公庫の融資の利用が一般的です。

また、資金調達の中でも、助成金の利用は返済義務がないためフルに活用することをおすすめします。ネイルサロン開業に利用できる助成金として、若手・女性リーダー応援プログラム助成事業、キャリアアップ助成金、地域雇用開発助成金、人材開発支援助成金、自治体独自の助成金があります。国が設けている助成金のほかに。

まとめ

本記事では、ネイルサロン開業に必要な準備について紹介しました。ネイルサロンは、他業種に比べ比較的気軽に開業しやすい職業といえます。ただ、ネイルは嗜好性が高く、利用する顧客も限られてきます。あらかじめ、ターゲットを絞って、どのようなお店にするかコンセプトを決めておく必要があるでしょう。本記事が、ネイルサロンの開業を検討されている方の参考になれば幸いです。

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

【その他】ネイルサロン開業におすすめの企業

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/

引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
特徴最大80%バックの高額歩合関西エリアでの支援実績が豊富開業支援サービスの老舗北海道エリアの地域特化型フランチャイズ本部がサポート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事