ネイルサロン経営者の年収はどれくらい?

公開日:2023/12/15
ネイルサロン経営者の年収はどれくらい?

ネイルは若い女性を中心に人気であり、コロナ禍の際には売上げが落ち込んでいましたが、近年は再び盛り上がりを見せている業界となっています。今回は、そんなネイルサロン経営者の年収や経営を成功に導いていくためのポイントなどを詳しく解説します。最後までこの記事をチェックして、ぜひ参考にしてみてください。

3つの経営タイプとタイプ別の平均年収

まず、ネイルサロン経営には、3つのタイプがあるということを覚えておきましょう。下記では、そんな3つの経営タイプについて、それぞれ詳しく紹介します。

自宅サロン

まずは、自宅でサロンを経営していくタイプです。ネイルサロン経営をする際には、そこまで広いスペースは必要としないので、自宅の一室などでも十分経営が可能です。また、自宅でサロン経営をするメリットとして、自宅で経営となれば、別の一室などを借りる必要がないため、賃貸料が発生せず、コストが大幅に削減できるという点が挙げられます。

そして、自宅サロンであれば、家から仕事場への移動などもないため、時間を効率よく使えるというのもメリットといえるでしょう。そのため、経費をできるだけ抑えていきたい方や育児や家事で忙しい方におすすめのタイプとなります。そして、こちらの自宅ネイルサロンの年収目安は、経費などを差し引くと、約300万円といわれています。

マンションの一室

次に紹介するタイプは、マンションなどの一室を借りてサロンを開業するタイプです。自宅サロンと違って、借りた部屋全体がサロンとして利用可能になるので、サロン用として自分好みに部屋を演出できます。そのため、生活感を出さずに経営していけるというのがメリットといえるでしょう。

また、マンションであれば、自分で好きな立地を選択して開業できるので、駅近であったり、人通りが多い場所を選べれば、お客さんを多く獲得できる可能性が高くなるというのもメリットの一つです。ただし、立地のいい場所となると、賃貸料も高くなるので、費用がかかりやすいというデメリットもあります。

そのため、慎重に検討していくことが重要です。そして、マンションサロンの平均年収は約360万円といわれており、自宅とは別に賃貸料や光熱費が発生するので、経費が自宅サロンよりもかかりやすくなります。

テナント

最後は、施設やビルの一部を借りて開業していくタイプです。マンションと違う点は、テナントは元々店舗を営業していくことを目的としているため、マンションよりも自由に内装や外装を自分好みに演出できるというところです。さらに、テナント経営だと周りにもさまざまなお店があるので、ついで感覚でお客さんが入ってきやすいというのもメリットです。

その反面、テナントは、自宅やマンションよりも初期投資が最もかかるというデメリットもあるので、注意しましょう。そして、テナント経営の年収は、約930万円といわれていますが、従業員を雇わなければならなかったり、テナントを借りていたりとリスクも多いということを頭に入れておきましょう。

ネイルサロンの収入アップのカギは集客!

ネイルサロンで収入アップを目指していくためには、集客が重要です。実際にどのように集客していけばいいのかを下記で解説していきます。

SNSに投稿する

今は、ネットが大きく普及している時代であり、多くの人がSNSを利用しています。そのため、SNSなどに写真や情報を投稿することは、集客を目指す際に1番重要となってくるでしょう。その際に、お得なキャンペーン情報などを載せるのもおすすめです。

クーポンサイトに登録する

クーポンサイトに登録するというのも、集客のための効果的な手段です。美容系のサイトにクーポンや店舗情報を載せておけば、たくさんの方に見てもらいやすくなります。

ホームページの作成

ホームページを作成するのもおすすめです。SNSに掲載しきれない詳しい情報を載せて、集客アップを狙っていきましょう。

ネイルサロン経営を成功に導くポイント

最後にネイルサロン経営を成功させるポイントについて、解説します。下記で、いくつかまとめているので、ぜひチェックしてください。

競合をリサーチしておく

競合店をリサーチしておくことは、重要なポイントとなります。競合店をリサーチすることで、そのお店のスタイルやコンセプトがわかります。競合店のスタイルを理解しておけば、自分のお店の魅力やアピールポイントが明確になり、差別化が図れます。

さまざまな方法で宣伝活動していく

経営を成功させるためには、お客さんが来てくれることが必須となります。そのため、多くの集客を目指すために、宣伝活動していくというのも成功させるポイントです。SNSやホームページを開設するなどして、人々の目に留まりやすい宣伝活動をしていきましょう。

まとめ

今回は、ネイルサロン経営者の年収や年収アップのポイントなどを中心に解説していきました。ネイルサロン開業を検討している方は、最初に上記で紹介した3つのタイプのなかから、自分はどのタイプが合っているかをよく考えて、開業の準備を進めていくことが重要となります。自分に合ったスタイルを確立させてから、集客していくことが成功への第一歩になるはずなので、皆さんも、ぜひ実践してみてください。

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

【その他】ネイルサロン開業におすすめの企業

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/

引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
特徴最大80%バックの高額歩合関西エリアでの支援実績が豊富開業支援サービスの老舗北海道エリアの地域特化型フランチャイズ本部がサポート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは