アイリストが独立後に失敗してしまう理由とは

公開日:2023/12/15
アイリストが独立後に失敗してしまう理由とは

アイリストとして開業するのは、夢のひとつです。開業を視野に入れて美容師免許を取得したひともいるのではないでしょうか。しかし、独立後に失敗をしてしまう人もいます。どのような特徴を持った人が失敗しやすいのか、成功するためのポイントはなにか、について紹介します。長く続けられるアイリストになりましょう。

独立後に失敗するアイリストの特徴とは

独立後に失敗するアイリストの特徴は、経営の知識がないこと、資金が不足していること、人員の確保ができないことです。独立という言葉や事実だけで動いてしまうと、苦しさが大きく浮き彫りになります。

経営の知識がない

経営の知識がないことは、独立をしても店を続けることが難しいです。どのくらいの利益で、どのくらいの経費がかかっているのか、店舗の家賃や毎月いくらあればスタッフのお給料が払えるのか、など考えることは山ほどあります。これらを管理できなければ独立はできません。知識がなければ当然、継続できないので結果的に失敗してしまうのです。

十分な資金を準備していない

十分な資金を準備していないことは、店を開業するときにとても大きな問題としてのしかかります。資金は、開業するまでにかかる費用とは別に、開業してからもかかる費用も確保しておかなければいけません。開業してすぐから順風満帆に店が繁盛することは考えにくいです。そのため、しばらくは店の営業が続けられる資金が必要。十分な資金がなければ、独立できてもすぐに失敗してしまいます。

人員の確保ができない

人員の確保ができないことも失敗の要因です。一人で行う場合は別ですが、アイリストを募集するとき、即戦力となる人がすぐに見つかるとは限りません。また、店や方向性との相性もあるので、複数人と面接をして決めるのが無難。そのため、募集をかける期間が短すぎると良い人材に巡り会えないことが多いです。結果、人間関係で失敗する可能性が出てきます。

アイリストが成功するためには?

アイリストが成功するためには何をしたらよいのか、それは、集客スキルを学ぶことです。そして、十分な資金を準備して、一緒に働くスタッフを早めに募集すること。せっかく開業するのであれば、気持ちよく働ける環境を作りましょう。

集客スキルを学ぶ

集客スキルは利益に直結します。経営を実践していくときに関わるお金。来てくれるお客さんの数により、店の利益は変動します。経営を学ぶ上で集客はとても大切な項目です。集客ができれば、店の知名度を広げることにもつながります。たくさんのお客さんにSNSを使って拡散してもらうこともできるので、宣伝費も安くできるのがメリットです。

資金は余裕を持って準備する

資金は余裕を持って準備しましょう。資金は独立をした後も重要です。すべてにおいて重要なポジションにいる資金。なければ何もできなくなります。資金は開業するときに使うお金ですが、集める金額は営業後のランニングコストも踏まえた金額です。店が軌道に乗らない期間に充てられるお金を準備しておくことで、店の営業を失敗する可能性が低くできます。

人員の確保は早めから行う

人員の確保は早めに行うようにしましょう。人員はすぐに即戦力が見つかることはありません。アイリストになるためには、美容師の免許とアイリストとしての技術や経験が欠かせないからです。せめて半年前から募集をかけておくことで、複数人と面接ができます。人間関係にも関わる人員募集。働きやすい環境をつくるために、早めに人員の確保を行いましょう。

事前準備をきちんと行うことで失敗を防ぐ

独立後に失敗してしまう可能性もありますが、きちんと準備をしておけば失敗を減らせます。小さな失敗であれば取り返せるかもしれません。情報収集は細かく行い、常に情報を入れること、失敗する可能性を見越して、別パターンの案を考えておくことも重要です。

情報収集はもっとも大切

情報収集は、独立を考えて実行するうえでもっとも大切なポイント。情報がなければどのように動いて良いのかわかりません。最低限の知識だけでなく、プラスアルファの知識をいれることで、失敗を回避できるでしょう。資金もただ集めれば良いだけではありません。どのくらいの金額をどこから準備するかが大切だということです。

また、独立してからも資金は必要であることを知っているのと知らないのとでは雲泥の差ができます。必ず一歩先の情報まで知っておきましょう。

失敗する可能性も想像する

失敗する可能性を想像しておくことも、失敗を防ぐために必要です。いわゆるリスクヘッジというもの。失敗する方法やパターンを知っておけば、それらを避けて進めます。失敗に直面しても打開策が見つけられるというのもメリットです。独立後、小さな失敗が重なっても、挽回できれば店は営業できます。失敗する可能性も想像して独立後に失敗しないようにしましょう。

まとめ

アイリストが独立後に失敗してしまう理由は、経営の知識がないこと、十分な資金を用意していないこと、人員を確保できないことがあります。すべて前もって準備をしておくことで回避できた失敗です。これらをクリアするだけで独立後も経営がうまくいき、店も軌道に乗せられる可能性が高くなります。情報収集は集めすぎるくらい情報を集めておいてもよいです。失敗する可能性も考えて、リスクヘッジを行い、立て直せる力を身に着けておくと失敗なく独立後もアイリストを続けられます。

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

【その他】ネイルサロン開業におすすめの企業

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/

引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
特徴最大80%バックの高額歩合関西エリアでの支援実績が豊富開業支援サービスの老舗北海道エリアの地域特化型フランチャイズ本部がサポート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは