自宅ネイルサロンの収入はどのくらい?

公開日:2023/12/15
自宅ネイルサロンの収入はどのくらい?

自宅ネイルサロンであれば、休みや時間を自由に決められるため、働く自由度が高くなり働きやすくなります。しかしその一方で、開業資金が気になっている方もいるでしょう。本記事では、自宅ネイルサロンの収入はどのくらいなのかご紹介します。自宅でのネイルサロン開業を検討している方は、ぜひご一読ください。

自宅でネイルサロンを開業した場合の収入

お店に出勤することなく、自宅でネイルサロンを開業したいという夢をもっている方は多くいるでしょう。自宅であればライフスタイルに合わせながら働けます。そこでこちらでは、自宅でネイルサロンを開業した場合の収入について紹介しましょう。

自宅サロンの収入

自宅サロンで営業する場合、当然ですが売り上げに準じて収入が決まります。頑張れば、月収50万円以上稼ぐ方もいますが、集客が見込まれない場合には収入が少なくなってしまうでしょう。また、自宅ネイルサロンでの諸経費は収入の1〜2割程度といわれています。たとえば、月30万円の収入があった場合、諸経費が3万円とすると月収は27万円ということになるでしょう。

自宅ネイルサロンの開業資金

自宅ネイルサロンで開業する場合、一番気になる点は開業資金でしょう。自宅であれば家賃が掛からないため、開業資金が5万円~30万円で済む場合がほとんどです。開業資金として掛かるものには、道具・備品の購入費・改装費・経営があります。また、軌道に乗るまでの運転資金が最低限必要となるでしょう。すぐに経営が軌道に乗るとは限らないため、アルバイトと併用するか、ある程度貯蓄しておくと安心でしょう。

自宅の改装資金

自宅をネイルサロンにする場合、できるだけ生活感が出ないようにするとよいでしょう。照明や壁紙を変え、椅子やテーブルをおしゃれにすることをおすすめします。自宅の改装資金は、一般的に20万円程度あれば改装可能です。

自宅ネイルサロンを開業する際の注意点

自宅ネイルサロンを開業する場合、いくつか注意点があります。経営が軌道に乗るよう、あらかじめ注意点を知っておくとよいでしょう。こちらでは、自宅ネイルサロンを開業する際の注意点について紹介します。

コスト管理に気をつける

月の売り上げが多くても、コストが大きければ当然月収は減ってしまいます。月に掛かるコストとして、消耗品費・広告費・光熱費・通信費があるでしょう。広告費は、お客さん集客の大切な投資でもあります。どのくらい広告費に投資するか見極めることも必要です。

また、自宅ネイルサロンを開業する場合、税務署へ届け出をすることをおすすめします。これは、税務署へ届け出ることによって、青色申告ができることと、最大65万円の控除ができるメリットがあるのです。光熱費や通信費を必要経費として計上できるため、節約効果につながります。

料金設定を安くしすぎない

自宅サロンでのメリットは、価格設定を自分で決められる点です。自宅ネイルサロンの収入は、メニューの料金によって大きく変化します。まずは、近隣のネイルサロンがどのくらいの価格設定で営業しているかリサーチすることも大切です。

自信がある施術は、料金を高めに設定するとよいでしょう。また、すべてを高く設定するのではなく、低く設定できる施術があれば低く設定することでオリジナルのメニュー表ができるでしょう。

成功のためのポイント

自宅ネイルサロンは、多くの方が開業しているため、ライバルが多いのも現実です。わざわざ自宅ネイルサロンを開業するのであれば、5年・10年と末永く経営したいでしょう。成功のためのポイントについて紹介します。

お客さん集客にはSNSを利用

現在、多くの方がSNSを利用しているため、お客さん集客にSNSを利用するとよいでしょう。SNSであれば、広告費が掛からずフォロワーが増えればその分、集客アップへつながります。ネイルアートや技術を高め、SNSにアップすることで、この人に施術してもらいたいと思う方が増えていきます。また、ネイルはトレンドも大切になるため、季節感や流行に合わせたメニューを載せるとよいでしょう。

客単価に気を付ける

自宅ネイルサロンは、諸経費が掛からないからという理由で、客単価を下げすぎて失敗する例が存在します。しっかり客単価をアップさせることとしては、専門分野や得意分野をつくる・ネイルサロンで働いてから開業することがあげられます。ネイルサロンで技術を磨きながら、お客さんを引き継ぐのもひとつの方法です。

リピーターを大切にする

一度来店したお客さんに、また来たいと思ってもらえるよう、ポイントカードを作成するのもひとつの方法です。また、何度か来店してくれたお客さんに対し、特典をつくるとリピーターになってくれる場合が多いでしょう。得点としては、ジェルオフ無料や500円割引などがあります。こうした特典をうまく活かし、リピーターを徐々に増やしていくことが成功へとつながる秘訣です。

まとめ

本記事では、自宅ネイルサロンの収入はどのくらいなのか紹介しました。自宅ネイルサロンは、ライフスタイルに合わせて働けるメリットがありますが、その分大変なことも多くあります。もし自宅ネイルサロンでの開業を検討されている方は、開業前にさまざまなことをリサーチすることをおすすめします。自宅ネイルサロンの開業を検討されている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

【その他】ネイルサロン開業におすすめの企業

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/

引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
特徴最大80%バックの高額歩合関西エリアでの支援実績が豊富開業支援サービスの老舗北海道エリアの地域特化型フランチャイズ本部がサポート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは