ネイルサロン開業に必要なものリストまとめ

公開日:2023/12/18
ネイルサロン開業に必要なものリストまとめ

爪を自分好みのデザインにして、おしゃれを楽しめるネイルは人気が高めっており、起業を考えている方も多いです。比較的簡単に独立が可能なネイルサロンを開業するときには、いったい何からスタートすればよいのでしょう。この記事では、ネイルサロン開業に必要なものを紹介します。

ネイルサロン開業に必要な家具・什器は?

ネイルサロンを開設するときには、適切な家具や設備の選定が不可欠です。開業する人によって予算やスタイルが異なるため、必要なアイテムはサロンのコンセプトやスペースに応じて変わります。ここでは、ネイルサロン開業に必要な家具・什器を紹介しましょう。

快適な机と椅子

ネイルサロンの成功のカギは、快適な机と椅子の選択にあります。顧客が長時間座っても疲れない、快適な家具はサロンのサービス品質を高める重要な要素です。机の高さとサイズは作業効率に直接影響し、適切な選択が求められます。

照明の重要性

ネイルサロンでは、適切なデスクライトが欠かせません。サロンの照明だけでは不充分な場合が多く、手元の明るさが施術の質に大きく影響します。施術のときに使用するジェルと、ライトの種類の相性を確認することも重要です。

追加家具の選定

複数の顧客を同時に扱うサロンの場合、応接家具やマガジンラックが必要になります。サロンの雰囲気を大きく左右し、顧客の快適さを提供するために必要です。デザインと素材の選択には注意を払い、サロンのブランドイメージを強化するアイテムを選びましょう。サロンの雰囲気にこだわることで、サロン内の清潔感やインターネットサイトにおける印象を強める効果が期待されます。

コスト削減の選択肢

コストを抑えながらもスタイリッシュなサロンを実現するためには、中古のデザイナーズ家具が有効です。新品に比べて手頃な価格でありながら、サロンの質感を高められます。中古品でもほとんど使用されていない高品質なアイテムを見つけることは充分可能です。

資格がなくても買える?サロン用の道具や材料について

ネイルサロンを開業するためには、いくつかの基本的な道具や材料が必要です。施術のアイテムは専門店や卸問屋にて購入可能であり、特別な資格は必要ありません。ここでは、サロン用の道具や材料を紹介します。

基本的な道具

基本的な道具には、爪に色を塗るためのブラシ類、爪をカットするためのニッパー類、爪の長さを調整するためのファイル、爪の生え際にある甘皮を処理するためのプッシャー類が含まれます。ブラシ類は一式揃えることが必須。ネイルの基本的な施術に必要で、適切なものを選ぶことが重要です。

ジェルとアート用品

ジェルネイルには、色付けをコーティングするためのトップジェル、塗布の下地となるベースジェル、カラージェルが必要です。基本的なジェルネイルの施術に必須となります。また、ネイルアートする場合は、爪を飾るためのパーツも必要になります。

硬化用ライトとそのほかのアイテム

ジェルネイルの硬化にはUVライトまたはLEDライトが必要です。また、サロンのデザインや機能に合わせて、足をケアするための温浴機器、アームレスト、赤外線消毒機を選びましょう。ジェル用溶剤類もサロン運営には欠かせないアイテムとなります。

付け爪とディスプレイアイテム

顧客にサービスを提供する上で、サンプルの付け爪やディスプレイ用のアイテムが役立ちます。サロンが提供するスタイルを顧客に示すための重要な道具です。顧客は、サンプルやディスプレイがあることにより、できあがりのイメージをもって施術を受けられます。

そのほかの備品・小物

サロンのアイデンティティを確立するため、ロゴ、名刺、ショップカードの作成は必須です。サロンの第一印象を形作り、顧客の記憶に残る重要な要素。ここでは、そのほか、ネイルサロン経営を円滑に進めるために必要な備品を紹介します。

効率的な施術環境の構築

ネイルサロンの効率を高めるためには、整理棚やワゴンが必要です。ワゴンがあることにより、施術中に必要な道具をすぐ手に取れるようになります。加えて、消毒器は衛生面の管理に不可欠で、顧客とスタッフの健康を守るために重要です。

オフィス設備と顧客サービス

サロンの日常運営には、電話機やコピー機、空気清浄機などのオフィス機器が欠かせません。ウォーターサーバーやWi-Fiの設置は、顧客に快適な空間を提供し、サロンのサービス品質を高めるために効果的でしょう。リースやレンタルを活用することでコスト削減が可能です。

まとめ

ネイルサロンはネイリストの資格を必要としないため、独立を目指す人たちにとって人気の事業です。ネイル専用の道具を購入するときも、とくに資格の有無は関係しません。しかし、店舗やサイトによっては、資格保有者のみ購入可能の場合があるため、注意しましょう。

また、施術道具以外のインテリアや備品にもこだわることが、ブランディングの確立や顧客の満足度を勝ち取る結果につながります。経営する上で必要となる電子機器のレンタルや中古の家具選びをすることで、初期費用と経営コストを抑えられます。自分自身でさまざまな工夫をして、ネイルサロンを開業しましょう。

迷った方にはこのネイルサロン
開業支援会社がおすすめ!
PR株式会社ewalu
株式会社ewalu
引用元:https://ewalu-co.jp/

【その他】ネイルサロン開業におすすめの企業

おすすめのネイルサロン開業企業比較表

イメージ
引用元:https://ewalu-co.jp/

引用元:https://www.seemydesign.com/

引用元:https://nailatmysalon.com/

引用元:https://a-nine.jp/opening/

引用元:https://anne.salon/fc/
会社名(サービス名)株式会社ewaluライフサポート株式会社株式会社オフリール(ネイルアットマイサロン)株式会社P・S・Q(ネイルサロンエーナイン)株式会社フォーサイス(ANNE)
特徴最大80%バックの高額歩合関西エリアでの支援実績が豊富開業支援サービスの老舗北海道エリアの地域特化型フランチャイズ本部がサポート
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】ネイリストの夢を叶える!ネイルサロンの開業を成功させる近道とは